本組合について

組合名
 協業組合 石巻廃棄物処理センター
所在地
 〒986-0853 宮城県石巻市門脇字明神1の37
 TEL (0225) 93-3788   FAX
(0225) 93-3789
設立
 昭和57年4月1日
組合員数
 12名
従業員数
 68名 (男65名、女3名)
出資金
 37,000千円
事業内容
 (1)一般廃棄物(ごみ)・収集・運搬及び中間処理
 (2)産業廃棄物の収集・運搬及び処理並びに維持管理
 (3)特別管理産業廃棄物(感染性のもの)の収集・運搬及び処理並びに維持管理
 (4)前各号の事業に付帯する事業
保有車両等
3tパッカー車
4トンクレーン車
4tウィング車
3トンクレーン車
2tダンプ車
4tアームロール車
重機等
資源回収専用4tプレス車
2tウィング車
医療廃棄物専用車

・3tパッカー車 

・4tウィング車 
・2tダンプ車 

・重機等 
・2tウィング車 
2tパッカー車 

・2tプレス車 
・2t平ボデー車 

2台
4台
1台

4台
1台
6

2台
1台

・4トンクレーン車 
・3トンクレーン車 
・4tアームロール車 
・資源回収専用4tプレス車

・医療廃棄物専用車
・4tダンプ車 

・営業車 

1台
1台

2台
5台

3台
2台
4台

 

このページの先頭に戻る
 

 組合沿革

沿革
昭和57年4月 協業組合 石巻廃棄物処理センター設立

理事長 佐藤清正(初代)就任
出資金 13,000千円
石巻市より一般廃棄物収集運搬の委託(市内一部の可・不燃物)及び許可を受ける。

昭和61年7月 理事長 佐藤佑(2代)就任
平成
2年 3月
増資(出資金 33,000千円)
4月
石巻市からの委託拡大(不燃物全面委託)
10月
産業廃棄物処理業許可取得
平成 5年 7月 石巻市において、ごみの減量化・再資源化促進のため、燃やせないごみ、資源ごみの5分別収集開始、それに伴い分別困難であるビン類の分別施設建設、分別委託を受ける。なお、分別作業員として、地元精神薄弱者厚生施設「ひたかみの園」の園生等に手選別部門を委託している。
平成 8年 7月 石巻市より金属類の分別委託を受けていた、(株)石巻クリーンセンターと統合、当組合大衡山工場にて、その分別委託を受ける。
平成 9年 1月 増資(出資金 37,000千円)
平成11年4月 石巻市において資源ごみが5分別から6分別収集(ペットボトル追加)となり、ペットボトル分別施設建設、その分別委託を受ける。
平成15年4月 分散していた分別施設を集約し、総合的な再資源化施設を建設、移転し業務を開始した。

組合概要 | 処理センター | ゴミについて | 石巻市のゴミの出し方 |
見学申し込みフォーム | 粗大ごみ有料収集申し込みフォームDB